「何を成し遂げるか?」効果性の高い人生を目指そう~人生は材料×技術×時間で決まる~

Vol 2 目的意識と効果性 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」。第二のテーマは「目的意識と効果性」です。先行き不透明な時代(VUCA時代)においては、働き方がますます多様になることが予想され、今まで以上に働く人個々人の目的意識が重要視されるようになります。そしてその目的意識は、個人が社会やコミュニティにもたらし得る有益と効果へのコミット(決意)と切っても切れない関係があります。 はじめに […]

神学から考える「神の定めた運命」と「人間の責任分担」とは

Vol1 責任分担と主人意識 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の最初のテーマは「責任分担と主人意識」です。自分を成長させ活躍できる人材へと変化する上で必要なのは、「いかに自分のやりたいことをやるか」にコミットすることよりも、「いかに自分に与えられた責任分担を果たすか」「いかに自分に任された領域を良い仕事で満たすか」という考えを持つことだと言われています。そしてその責任に対して自分が主人と […]

シナジー効果で生産性を∞(無限大)にする秘訣〜責任分担の力〜

Vol1 責任分担と主人意識 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の最初のテーマは「責任分担と主人意識」です。自分を成長させ活躍できる人材へと変化する上で必要なのは、「いかに自分のやりたいことをやるか」にコミットすることよりも、「いかに自分に与えられた責任分担を果たすか」「いかに自分に任された領域を良い仕事で満たすか」という考えを持つことだと言われています。そしてその責任に対して自分が主人と […]

問題を抱えすぎてしまう人への処方箋~セルフ・コンパッションを身につけよう

Vol1 責任分担と主人意識 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の最初のテーマは「責任分担と主人意識」です。自分を成長させ活躍できる人材へと変化する上で必要なのは、「いかに自分のやりたいことをやるか」にコミットすることよりも、「いかに自分に与えられた責任分担を果たすか」「いかに自分に任された領域を良い仕事で満たすか」という考えを持つことだと言われています。そしてその責任に対して自分が主人と […]

主人意識とは?

Vol1 責任分担と主人意識 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の最初のテーマは「責任分担と主人意識」です。自分を成長させ活躍できる人材へと変化する上で必要なのは、「いかに自分のやりたいことをやるか」にコミットすることよりも、「いかに自分に与えられた責任分担を果たすか」「いかに自分に任された領域を良い仕事で満たすか」という考えを持つことだと言われています。そしてその責任に対して自分が主人と […]

“責任分担”の重要性

Vol1 責任分担と主人意識 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の最初のテーマは「責任分担と主人意識」です。自分を成長させ活躍できる人材へと変化する上で必要なのは、「いかに自分のやりたいことをやるか」にコミットすることよりも、「いかに自分に与えられた責任分担を果たすか」「いかに自分に任された領域を良い仕事で満たすか」という考えを持つことだと言われています。そしてその責任に対して自分が主人と […]

第四回 自分のための時間とお金の使い方~自己投資の楽しさを知る

9月のテーマ「自己成長」「With コロナ」生活が定着しつつあります。自分一人で過ごせるこの時期は、自分成長に投資できる機会でもあります。今月は「自己成長」をテーマにして記事をお届けします。 はじめに 「いつかまとまった時間ができたらやろう」と思っていることはありませんか?ステイホーム期間中のSNSやブログで、「時間ができたから外国語の勉強を始めた」など”以前からやりたかったけどできな […]

第三週 あなたの成長を阻む「心のもやもや」への対処法

9月のテーマ「自己成長」「With コロナ」生活が定着しつつあります。自分一人で過ごせるこの時期は、自分成長に投資できる機会でもあります。今月は「自己成長」をテーマにして記事をお届けします。 はじめに 「理想の自分に変化したい、成長したい」と願っていても、いつの間にかその気持ちがトーンダウンしてしまうことがあります。そのトーンダウンの原因の1つに「心のもやもや」が挙げられます。 「心のもやもや」は […]

第二週 「自分株式会社」のCEOとして必要なこと

9月のテーマ「自己成長」「With コロナ」生活が定着しつつあります。自分一人で過ごせるこの時期は、自分成長に投資できる機会でもあります。今月は「自己成長」をテーマにして記事をお届けします。 はじめに 社会システムが変わろうが、国や世界のルールが変わろうが、誰もが変わらずに目指していくものが「自分の幸せ」です。不幸になりたい人は誰もいませんが、幸せに生きることはなかなか難しいことです。幸福満足度が […]

1 9