宍戸由希子

1/8ページ

あなたに足りないのは”適性”ではなく”実践” ~速く、たくさん、繰り返して行なう~

「今の仕事が自分に合っているのか」キャリアについて悩む人は多いものです。しかし仕事への適性を考える以前に、私たちが『幸福中毒』に陥って仕事によって生じる不快感情に過剰反応していないか、確認することが必要です。キャリア形成に役立つ実践のコツを指南する記事。

知性が高い人は自分の『観』を疑い、知性が低い人は自分の『観』に支配される

アインシュタインは「常識とは、18歳までに積み重なった、偏見の累積でしかない。」という有名な言葉を残しました。 人は知性が低いほど、自分が見聞きして感じたことこそ正しいと思い込む傾向があります。 知性を高め自分自身の観を疑い、より良い観へと転換していくことを指南する記事です。

できる人のための「嫉妬への対処法」〜火のないところの煙をスルーする〜

仕事に勤しむあなたに向けられる冷たい視線、それは職場に蔓延する「嫉妬」かもしれません。福澤諭吉は、「妬みや嫉妬を抱いた人間と交際することは害だ」と言いました。故なく妬まれ冷遇されてしまった際の対処法をご紹介します。

あなたは人望が厚い人?「ために」で分かる人望レベル

Vol 3 人望と影響力 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」の第3のテーマは「人望と影響力」です。人望がある人とはどんな人なのか?様々な角度から検討していきます。 はじめに 「人望がある人」「人望が厚い人」とはどんな人でしょうか? 辞書には人望とは「その人に対して多くの人が寄せる尊敬・信頼・期待の心」と記載されています。職場やプライベートにおいてより尊敬され、より信頼され、より期待される人 […]

「目標」を「目的」と考える残念な人の末路

Vol 2 目的意識と効果性 シリーズ「ここに神経を使う人が逸材になる」。第2のテーマは「目的意識と効果性」です。先行き不透明な時代(VUCA時代)においては、働き方がますます多様になることが予想され、今まで以上に働く人個々人の目的意識が重要視されるようになります。そしてその目的意識は、個人が社会やコミュニティにもたらし得る有益と効果へのコミット(決意)と切っても切れない関係があります。 はじめに […]

1 8